歓迎の言葉

  • HOME »
  • 歓迎の言葉
高知龍馬マラソン実行委員会 会長
高知県知事 尾崎 正直

 「わざわざ高知で走ろう!高知龍馬マラソン」をキャッチフレーズに、「高知龍馬マラソン2018」を平成30年2月18日に開催いたします。本大会は、龍馬が大きな志を持って眺めた太平洋を望むコースを舞台に行うフルマラソンとして、今回で6回目の開催となります。定員3,500人で始まった大会も参加者は回数を重ねるごとに着実に増え、平成29年2月の第5回大会では、10,140人のランナーが早春の土佐路を駆け抜けました。また、47都道府県からのエントリーに加え、海外からも57名のエントリーをいただき、本大会が国内外に大きな広がりをみせていることを感じております。
 10,000人のランナー、それを支える3,000人の大会スタッフ、さらにコースを埋め尽くすほどの応援者で大会は大いに盛り上がりました。中でもボランティアや沿道の人々の心温まる応援、高知県の特産品を取り入れたエイドステーション、のどかな田園風景、雄大な太平洋、奇跡の清流仁淀川など風光明媚な自然を楽しめるコースが大変好評を得ています。
 6回目となる今大会は、前回大会から引き続きプロランニングコーチの金哲彦さんに大会アドバイザーとして大会運営やイベントの企画などのアドバイスをいただきながら、より魅力のある大会へと取り組みを進めて参ります。また、前回大会ではランナーの皆様が安全安心に走ることができますよう救護所・救護スタッフを大幅に増加させましたが、今大会についても救護体制をより充実させ、安全で安心な大会運営を心掛けて参ります。
 本県では「人と人のつながり」を大事にする、県全体を一つのおおきな家族に見立てた「高知家」というコンセプトコピーを広く発信して5年目を迎えます。是非この機会に、ランナーの皆様はもちろんのこと、ご家族やご友人と一緒に高知県にお越しいただき、高知家の一員となり、高知の魅力を存分に感じていただきたいと思います。さらには、平成29年は大政奉還から150年、平成30年は明治維新から150年の節目となる年であり、坂本龍馬をはじめとする偉人を数多く輩出した本県では「志国高知幕末維新博」を県内各地で開催しておりますので、本物の魅力や迫力に触れながら偉人たちに思いを馳せ、その息吹を感じていただければと思います。皆様のお越しを心よりお待ちしています。


大会アドバイザー
金 哲彦

2018年2月18日、3度目となる「高知龍馬マラソン」に今回も全身全霊で取り組ませていただきます。

2016年、2017年と2年連続で坂本龍馬の仮装して走らせていただいて以来、「高知では龍馬になるんだ」と、自分でも驚くくらいハマっています。
実は、他のレースでも「仮装しないのですか?」と聞かれることがありますが、「仮装ランは高知だけです」と返答しています。

龍馬マラソンの魅力は、まさに高知県の魅力そのものです。

美しい自然を愛でながら走れるコース
豊かな素材から作られる食べ物
陽気でおおらか、そして温かく心のこもったおもてなし

いずれの魅力も、マラソンというスポーツがその土地と人々に触れ合う旅であることをしっとり感じさせてくれるのです。

東京でジョギングしながら、
「ああ、早くエイドステーションの”まほろばトマト”が食べたい。”ゆずジュース”飲みたい」
なんて、考えてます。

2018年もさらにバージョンアップした 高知龍馬マラソンに関われることをとても光栄に思います。
ランナーのみなさん、2月に高知でお会いしましょう。
次回もレース後は「ひろめ市場 」で乾杯です!

高知龍馬マラソン2017にて

スタートまで、あと CountDown Loading
  • マイページ

マイページから当大会のエントリー履歴やレース記録を見ることができます

フォトギャラリーはこちら

ランニングサポーターメディカルランナー申込書

海外エントリー APPLY/報名 COURSE MAP

参加者募集CM

高知龍馬2017ダイジェスト

高知龍馬マラソン応援の店

高知家のマラソン

協賛募集

ゴールドパートナー

  • JAグループ
  • 大旺新洋
  • NSK GROUP
  • 四国銀行
  • 高知銀行
  • 技研製作所
  • ローソン高知
  • ヨドコウ

オフィシャルパートナー

  • 損保ジャパン日本興亜
  • JCSC
  • JCSC
  • セキスイハイム東四国
  • ニッポン高度紙工業
  • アイレップ
  • サンプラザ
  • 高知空港
  • Pikara by STNet

主催

  • 高知県
  • 高知市
  • 南国市
  • 土佐市
  • 高知新聞
  • 高知放送
  • 高知新聞企業

30Kシリーズ-愛媛

過去の大会

  • 2017年度大会HPはこちら
PAGETOP
MENU