ゲスト・ゲストランナー

  • HOME »
  • ゲスト・ゲストランナー

ゲスト

瀬古 利彦
SEKO TOSHIHIKO

1956年7月15日、三重県桑名市生まれ。
名実ともに日本長距離界、マラソンブームを牽引してきた第一人者。
高校時代から本格的に陸上を始め、インターハイでは800m・1500mで二年連続二冠を達成。
早稲田大学へ進み、故中村清監督の下、ランナーとしての才能を開花。
箱根駅伝では4年連続で「花の2区」を走り、3、4年次では区間新(当時)を獲得するなど、スーパーエースとして活躍した。

トラック競技においても日本記録を総ナメにし、25,000mと30,000mでは世界記録を樹立(当時)。
トラック・駅伝のみならず大学時代からマラソンで活躍し、現役時代は国内外のマラソンで戦績15戦10勝。圧倒的な強さを誇る。

鋭いラストスパートでライバルを引き離し、鮮やかにゴールする姿は日本国内だけではなく
海外からも絶賛され、多くのファンがその走りに魅了された。

現役引退後は指導者の道に進み、オリンピック選手を3名輩出するなど後進の育成に注力した。
2013年4月より、横浜DeNAランニングクラブ の総監督。
現在は「横浜DeNAランニングクラブ エグゼクティブアドバイザー」として活動中。
詳しくはチーム公式HPで(https://running.dena.com/

2011年より(公財)日本陸上競技連盟 理事
2016年12月より(公財)日本陸上競技連盟 強化委員会・マラソン強化戦略プロジェクトリーダー
2017年より(一財)東京マラソン財団 理事

第一生命グループ
女子陸上競技部 アドバイザー
尾崎 好美
OZAKI YOSHIMI

生年月日 1981年(昭和56年)7月1日
出身地  神奈川県山北町
出身校  相洋高校
趣味   ショッピング、旅行、温泉

2000年に第一生命に入社。女子陸上競技部に入部。
入社後、主にトラック競技や駅伝に出場。2008年名古屋国際女子マラソンでマラソンデビュー。2回目のマラソンとなる東京国際女子マラソンで初優勝し、ベルリン世界陸上の代表に内定。本番では銀メダルを獲得する活躍をみせた。その後、国内のマラソンやテグ世界陸上などに出場し、2012年3月の名古屋ウィメンズマラソンでは日本人1位となりロンドンオリンピックの代表に選出され出場。2013年2月の東京マラソンを最後に競技の第一線から退いた。
現在はアメリカに在住しながら、全国の大会にゲストランナーとして参加したりランニング教室を行ったりするなど、全国で活動している。

自己ベスト:
5000m 15分28秒55
10000m 31分47秒23
ハーフマラソン 1時間09分26秒
マラソン 2時間23分30秒

主な成績:
2008年 第30回東京国際女子マラソン 優勝 2時間23分30秒
2009年 世界陸上ベルリン大会 2位 2時間25分25秒
2011年 第2回横浜国際女子マラソン 優勝 2時間23分56秒
2011年 世界陸上テグ大会 18位 2時間32分31秒
2012年 ロンドンオリンピック 19位 2時間27分43秒

道端 カレン
KAREN MICHIBATA

アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれ。父親がスペインとイタリアの血を引くハーフで、日本人の母。生後7か月で福井県へ移住。
道端三姉妹の長女で、妹にモデルでタレントのジェシカとアンジェリカがいる。

15歳になり、世界最大級のモデルエージェンシーエリート・モデル・マネジメントが主催する新人モデルの登竜門『THE LOOK OF THE YEAR』(後のエリートモデルルック)日本代表オーディションに応募、選出され、中学3年の夏にスペイン・イビサ島の1994年世界大会に出場。以後モデルとしての活動を開始。中学卒業後、単身で上京しモデル活動を本格化させる。

30歳ごろからモデルに加え、タレント業へと仕事の幅を拡げ、その1つトークショーでは、子育て、スポーツ、美容、食、等のライフスタイルをテーマとする。

二児の母であり未婚のシングルマザー。2004年に長男、2007年に次男を出産。
趣味として取り組むトライアスロンでは、公式競技団体日本トライアスロン連合によるJTUエイジランキング女子35-39歳カテゴリで、2016年度3位、2017年度2位。

個別大会では、太平洋トライアスロンinいわき2019、館山わかしおトライアスロン2017、川崎港トライアスロンin東扇島2017、長崎西海トライアスロン2016、 中土佐タッチエコトライアスロン2016などで女子総合優勝。

ツールド東北に初回2013年よりボランティア参加しており、広報大使を務める。
アスリートフードマイスター、ベジフルビューティーセルフアドバイザー、野菜ソムリエ、ジュエリーコーディネーター等の資格を持つ。

ゲストランナー

金 哲彦
KIN TETSUHIKO

プロランニングコーチ。
東京マラソン財団理事。
カンコーブランドアドバイザー。
早稲田大学時代、箱根駅伝で活躍。山登りのスペシャリストとして、4年連続で5区を任され、
区間賞を2度獲得し、1984(昭和59)年・1985(昭和60)年の優勝に大きく貢献。

大学卒業後も、別府大分毎日マラソンで3位に入るなどの活躍をされ、
現在は、テレビのマラソン・駅伝解説、講演会、ランニングクリニック等を行いながら、
スポーツ振興に関わる幅広い活動をしている。

また、ランニング情報番組NHK-BS1『ラン×スマ〜街の風になれ』のレギュラーである。
高知龍馬マラソン2017・2018・2019・2020大会アドバイザー。

MCCバナー

  • マイページ

マイページから当大会のエントリー履歴やレース記録を見ることができます。

  • 大会パンフレットダウンロード
  • 準備中交通規制のお知らせ
  • 準備中大会ガイド
  • フルマラソン 会場周辺図
  • コースMAP
  • アクセス
  • 宿泊問合せ
  • ボランティア募集要項
  • ボランティア参加申込書
  • 救護ボランティア募集要項
  • 救護ボランティア参加申込書
  • 準備中ランニングセミナー
  • 沿道応援隊募集要項
  • 沿道応援隊参加申込書

フォトギャラリーはこちら

  • ランニングサポーターメディカルランナー申込書
  • 海外エントリー APPLY/報名 COURSE MAP
  • 参加者募集CM
  • 高知龍馬2019ダイジェスト

  • 準備中ウエルカムサービス
  • 高知龍馬マラソン応援の店
  • 大会公式テーマソングはこちら
  • 公式テーマソングをダウンロードする

    MP3ファイル(約4.3MB)

高知家のマラソン

協賛募集

ゴールドパートナー

  • ローソン高知
  • ヨドコウ
  • エフビット
  • 大旺新洋
  • 四国銀行
  • 高知銀行
  • 技研製作所

オフィシャルパートナー

  • オンワード
  • 高知空港
  • JA高知県
  • 伊藤忠エネクス株式会社
  • 高知ヤクルト販売株式会社
  • STNet
  • 旭食品
  • 三愛石油
  • 第一生命
  • 大容基功
  • 大和証券
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 明星産商
  • セキスイハイム東四国
  • ニッポン高度紙工業
  • アイレップ

主催

  • 高知県
  • 高知市
  • 南国市
  • 土佐市
  • 高知新聞
  • 高知放送
  • 高知新聞企業

過去の大会

  • 2019年度大会HPはこちら

オフィシャルイベント

  • 2019年度大会HPはこちら
PAGETOP
MENU